こんにちは^^
じょにです!

当社の「中国輸入代行 誠」をご利用のお客様とskypeやチャットでお話する機会がありまして、その中でよくある質問や勘違いについてもこれから記事にまとめていきます。本日は、アリババに関する関する勘違いについて書いてみたいと思います。

 

アリババとは?

アリババとは?とは書きはしたものの、私は社長がジャック・マーさん(あ、最近辞めたか近々辞めるかですよね?)で、ソフトバンクの孫社長がアリババがまだ小さい頃にアリババの株をたくさん買って超儲かっているくらいしか知りません^^;

会社としてのアリババのことについて私が書ける程のことはありませんので、ここでは、「日本でいうところのアマゾンや楽天のようなモールの中国版ですよ」くらいに留めておきますね^^

参考までに、こちらがアリババのサイトです。

 

ちなみに、アリババのことを「1688」と書いているのを見かけますが、これはアリババを中国語で読んだ時の数字の当て字のようです。(688は何となくわかりますが、なぜ1が"ア"なのかは不明。。昔の読み方なのですかね。ナゾです。。)

 

ペアリババが安いのは当たり前!?

日本人の一般的な感覚ですと、中国は日本に比べ物価が安く、その中でも中国のネットショップ大手のアリババは商品が多くて値段も安いというイメージの方が多いのではないでしょうか。このイメージはほぼ当たっていると思います。

しかし、現実として、アリババには工場で生産された商品のうち、①B品C品といった具合に、いわゆる検品で弾かれた商品②サンプルや交換品として余計に生産された商品が販売されていることをご存知の方は非常に少ないように感じます。

 

「中国の商品は不良品や欠陥が多い」と仰られるお客様が非常に多いのですが、では日本の大手企業や中小企業が中国で生産している家電や衣服、身の回り品は不良品や欠陥ばかりかといったらそうではないのではないでしょうか。

また、「中国の商品は不良品や欠陥が多い」と言った場合、アリババやこのあと解説しますタオバオから仕入れた商品を指している場合もありますが、私から言わせればそれは当然のことです。そもそもB品C品(=不良品や欠陥品)と工場で判断した(=検品で弾かれた商品)を日本人が知ってか知らずか購入しているわけですから、不良品が多いのも当然のことです。

 

そもそも、アリババ(https://www.1688.com/)というのは中国国内向けのサイトでして、B品C品でもよいと思う中国人向けの商品が販売されている現実を知っておくべきなのかなと思います。

 

アリババとタオバオの大きな違い

アリババの子会社がタオバオです。こちらがタオバオのサイトです。子会社ですので何か目的があってサイトを分けている訳です。私は詳細まではわかりませんが、大きな違いとしては下記が上げられるかと思います。

 

  • アリババ・・・A工場やB工場、C工場、卸問屋、メーカーなどの出店が多い。ロット大き目。
  • タオバオ・・・個人出品者、小~中堅メーカーの出品が多い。1個からokが多い。

 

中国では工場にランクが付いています。Aは自社工場で設備が整っている工場です。Bは自社工場で設備面でやや劣っているか、他社で生産ラインを持っているオフィスだけのダミー工場です。Cは東南アジアや国内内需向けがメインの工場です。

 

また、タオバオの個人出品者というのは、いわゆる日本でいうところのアマゾンやヤフオク!などで転売をメインにやられている個人業者といえばイメージしやすいかもしれません。

それらの個人業者はアリババからロットで仕入れて、タオバオで小分けにして販売しています。ですので、日本人にとっては、アリババの方が安い商品があるという感覚になるのです。アリババの方がロットが大きいので単価は下がるのは当然の傾向ですよね^^

 

タオバオは無在庫業者もいます!

当社は国内で無在庫販売をされているお客様にもご利用頂いております。同じように、タオバオにも無在庫で販売している個人業者がたくさんいます。

「在庫ありと言ったのにどうして急に在庫なしに変わるのか」といった苦情がたまに当社へありますが、当社ご利用のお客様が入力しているタオバオのURLの業者がそもそもアリババ仕入れの無在庫販売を行っている業者なわけですから、やっぱり在庫がなかったということは比較的よくあることです。

 

まとめ

タオバオやアリババについては、まだ書きたいことがありますが、ひとまず今回はこの辺りにしておきます。今回の記事をまとめますと以下のようになります。

 

  • アリババは中国内需向けのサイトです。
  • アリババには法人の業者が多く、タオバオには個人の業者が多いです。
  • タオバオには無在庫販売している業者もいます。

 

中国輸入で転売や無在庫、簡易OEMをやられている方はほぼアリババやタオバオを利用されているかと思います。現地でしか分かり得ない比較的正確な情報を持って、中国輸入ビジネスに取り組んで頂ければと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事