Amazon おもちゃ&ホビーカテゴリーのバーコード貼付が義務化に!

こんにちは!
じょにです^^

アマゾンのFBA倉庫に商品を納品する際、製品にバーコード(JANやUPC、EAN)が印字または貼付されていれば、納品プラン作成後にダンボールに詰めて納品ができます。

 

しかし、本日2019年9月21日のアマゾンからのメールによりますと、おもちゃ&ホビーカテゴリーに限っては、納品プラン作成後に、製品にアマゾン固有のバーコードを貼付の上でFBA倉庫へ納品することが義務づけられるようになりました。

 

おもちゃ&ホビーカテゴリーのバーコードに関する重要なお知らせ

アマゾンより送付のメールを抜粋で引用いたします。

おもちゃ&ホビーカテゴリーの商品をFBAで出品する際には、Amazonの商品ラベルの添付が必須となりましたのでお知らせいたします。本カテゴリーの商品で商品ラベルが無くメーカーのバーコードのみが貼付けられている場合は、Amazonフルフィルメントセンターで受領することができません。なお、ブランド所有者で該当するASINをAmazonブランド登録に登録している場合はこの限りではありません

本メールの末尾のリンクから、該当するASINのリストをダウンロードできます。

リストにあるASINのうち、現時点でフルフィルメントセンターに保管中またはフルフィルメントセンターへ輸送中の商品については、何も行う必要はありませんが、2019年9月30日以降に作成する納品プランに含まれるASINについては、以下の手順に従って新たに出品情報を作成する必要があります

1.出品情報の作成時に「バーコードのタイプ」で「Amazonの商品ラベル」を選択します。
2.商品に商品ラベルを貼付します。次の2つの方法があります。

•新しい商品ラベルを印刷し出品者様ご自身で貼付します。ラベルの貼付手数料はかかりません。詳しくは、ラベル有りの在庫商品のヘルプページをご覧ください。
•商品ラベル貼付サービスに登録し、Amazonに商品ラベルの貼付を依頼します(商品1点あたりの手数料が請求されます)。詳しくは、商品ラベル貼付サービスのヘルプページをご覧ください。

 

 

おもちゃ&ホビーカテゴリーだけの理由

どうして、おもちゃ&ホビーカテゴリーだけがバーコード貼付の対象になったのか、特にメールでは触れられていません。

 

私の推測レベルになりますが考察してみたいと思います。

 

おもちゃと言いましても、国内メーカーばかりではなく、海外からの並行輸入品も対象になります。

 

欧米輸入でおもちゃを取り扱ってきました身として、並行輸入品の場合、製品にバーコードがなく数字のみ記載されている製品もございます。

 

ここでいうバーコードとは、本ページ上部のアイキャッチ画像のような縦棒の羅列の部分です。それに対し、数字とは縦棒の下に記載されている数字の羅列の部分です。

 

数字だけの記載の場合、これまでのアマゾンのルールですとFBA倉庫で受領する際に数字をシステムへ手打ちで入力することになります。

 

手打ちですと作業時間もかかりますし、打ちミスの原因にもつながります。

 

そのような背景から、今回の措置が取られたのではないかと私は推測しています。

 

(・・・もちろん、他にも背景があるのかもしれません。。)

 

 

他のカテゴリーも必須になるのか

今回は、おもちゃ&ホビーカテゴリーのみの措置でしたが、カテゴリーによっては、今後、貼付が必須になるカテゴリーが出てくる可能性はあると思います。

 

 

中国輸入商品はどうなのか

中国から輸入した製品ですと、FBA倉庫へ代行業者から直納する場合、当社も含め、一般的にはすべての製品に対しアマゾン固有のバーコードを貼付しています。

 

逆に、おもちゃ&ホビーカテゴリーだけを貼付し、それ以外のカテゴリーを貼付しない。ように依頼があったとしても、代行業者としてはカテゴリーの区別なくすべての製品に貼付した方が作業効率が上がります。

 

そもそも、中国輸入の製品にはバーコードが付いていないノーブランド品がほとんどですからね。(DJIなどのメーカー品は除いて)

 

 

まとめ

9月30日以降に作成の納品プランで不備があった場合、納品不備受領作業手数料が発生するようです。

 

納品不備受領作業手数料は、1点につき60円くらいだったと思います。

 

見た目は、カテゴリーがおもちゃ&ホビーっぽくなくても、登録上はおもちゃ&ホビーということもよくあることです。

 

特に、相乗りで出品されているセラーさんは注意が必要かもしれませんね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事