中国輸入 阿里旺旺を使ってタオバオの店舗へ直接問い合わせる方法 ~例文あり~

こんにちは!
じょにです^^

タオバオの店舗とのやり取りには、「阿里旺旺(アリワンワン)」というチャットツールを用います。

 

中国では、商品を購入する際、在庫を確認したり、値下げ交渉をしたり、詳細を確認したりすることが商習慣になっています。

 

そこで、売り手と買い手がリアルタイムにやり取りができるように開発されたツールが「阿里旺旺(アリワンワン)」です。

 

「阿里旺旺(アリワンワン)」は、タオバオのアカウントを持っていれば、アリババや天猫でも利用することができます。

 

今回は、「阿里旺旺(アリワンワン)」のダウンロードや使い方について解説いたします。

 

 

 

阿里旺旺への登録方法

まずはじめに、こちらより「阿里旺旺(アリワンワン)」のチャットツールをダウンロードしましょう。

 

以降は、下記図解に沿って進めてください。

 

1.「阿里旺旺」のマークをクリックします。
2. [電脳版]を押下し、[windows版]または[Mac版]を選択します。[立即下载]を押下すると、ダウンロードが始まりますのでしばらくお待ちください。

※ 手机版を押下するとスマホにダウンロードできるためのQRコードが表示されますが、2019年11月に日本で試したところページが開きませんでした。。

3. ダウンロードが完了するとデスクトップ等に、「阿里旺旺」のショートカットができ、左記画面が表示されます。[快速安装]を押下します。
4. タオバオのIDとパスワードを入力し、[登録]を押下します。

※スマホがあればQRコードからでも認証ログインができます。

5. [発送検証●]を押下すると、スマートフォンへ認証番号がSNSで届きますので画面に入力し、[確定]を押下します。
6. 左記画面が表示されていれば、「阿里旺旺(アリワンワン)」がご利用いただけます。

 

阿里旺旺での問い合わせ方法

タオバオやアリババの商品ページのある場所に、左の水玉のようなキャラクター(私は水玉君と呼んでいます^^)がいて、[和我聠系](在席中)を押下しますと、店舗とチャットで繋がることができます。

 

[給我留言](只今不在中)の場合は、伝言を残せますが、不在が多い店舗ですと返信がないことが多いですので、できる限り、在席している店舗に問い合わせすることをオススメいたします。

 

タオバオの場合

 商品ページの左方にあります。

 

天猫(T-MALL)の場合

 商品ページの上方にあります。

 

アリババの場合

 商品ページの左下方にあります。

 

中国語での問い合わせ例文

中国語が出来なくても、質問したい内容はだいたい決まっています。よくある例文を下記にまとめてみました。

 

「こういう場合何と言えばいいの?」などございましたら、当代行をご利用のお客様はskypeチャットにてお問い合わせいただければ、都度、例文を追記いたしますね!

 

質問

日本語中国語
在庫はありますか?你好、有货吗?/你好、在吗?
在庫は何個ありますか?多少个有货吗?
発送予定はいつですか?什么时候发货呢?/那个预定什么时候发送?
○の色はありますか?○有这个颜色吗?
○のサイズはありますか?○尺码有货吗?/你有〇尺码吗?
服の詳細サイズを教えていただけますか?可以告诉我一下,详细的衣服尺码吗?
値引きできますか?这个产品能不能便宜点?
ありがとうございます。謝謝

 

回答

日本語中国語
あります。/ありません。有/没有
できます。/できません。可以/不可以
わかりません。不知道
〇日以内に発送します。〇天内可以发货的
本日発送します。今天可以发货的

 

「中国語で色の表現と色彩のイメージ」のサイトをご参照くださいませ。

 

まとめ

「阿里旺旺(アリワンワン)」は、LINEやskypeと似たようなチャットツールです。

 

使い方さえわかれば、あとは上記例文を参考にして店舗とやり取りを行ってみてください。

 

もしやり取りの中で中国語の表現がわからなかったり、翻訳ソフトを使っても店舗が言っていることがわからない場合はご相談ください。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事