こんにちは!
じょにです^^

日本で輸入品を販売するにあたって、知識として知っておかないといけない法律の1つとして食品衛生法があります。

 

今回は中国輸入の視点で、食品衛生法で抑えておくべきポイントについて解説いたします。

 

食品衛生法で対象となる食品とは

冒頭から本題です。

 

食品衛生法という名前から想像するに、食品が対象であることは想像できますし、実際のところ食品は対象になります。

 

厚生労働省のサイトで確認しますと、

 

「対象となる食品等とは、食品、食品添加物、器具、容器包装及び乳幼児用のおもちゃです。」

 

と記載があります。

 

中国輸入のリサーチでよくある商品

中国輸入に関わらず、輸入ビジネスを実践されている方であれば、食品衛生法の存在は何となくでも聞いたことがあると思います。

 

そして、何となくで「食品に関わる法律でしょ?食品関連を仕入れなければいいでしょ?」とお考えの方も実際のところいらっしゃるのではないでしょうか。

 

たしかに、「食品」や「食品添加物」はリサーチの対象外にしやすいのですが、それら以外にも上述の通り、「器具」や「容器包装」、「乳幼児用のおもちゃ」も対象になります。

 

つまり、口に付けるものはすべて輸入届が必要ということです。

 

たとえば、中国輸入ですと、以下のような商品があげられます。

 

  • 「器具」・・・食器やフォーク、ナイフ、まな板、食品に触れるキッチン道具
  • 「容器包装」・・・プラスチックコップ
  • 「乳幼児用のおもちゃ」・・・対象年齢が6歳までのおもちゃ、アクセサリー玩具(乳幼児がアクセサリーとして用いる玩具をいう),うつし絵,起き上がり,おめん,折り紙,がらがら,知育玩具(口に接触する可能性があるもの),つみき,電話玩具,動物玩具,人形,粘土,乗物玩具,風船,ブロック玩具,ボール,ままごと用具

 

私は欧米輸入を始めたころ、おしゃぶりを仕入れていたことがあり、本当によく売れるものですからついリピートで仕入れていましたが、後々食品衛生法の中身を知り、取扱いを止めたこともあります。

 

食品衛生関連の届け出方法

商材により、判断が変わってきます。

 

まずは、お近くの食品等輸入届出受付窓口へお問い合わせしてみることをお勧めします。

 

せっかく書類を作っても、HSコードが違ったりしますと、再提出や場合によっては通関が遅れますからね、専門家に相談するのがよいと思います。

 

届け出の流れは、厚生労働省のサイト公益社団法人日本輸入食品安全推進協会を参考にしてください。

 

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事