こんにちは!
じょにです^^

敬語って難しいですね^^

 

取引先様とやり取りさせて頂く中で、「敬語の使い方が間違っているな~」と思う機会が比較的多くあります。

 

今回は、敬語の代表格であります「わかりました」をテーマに解説してみたいと思います。

 

※ 専門家ではありませんので、あくまで参考程度になさってください。
※ 取引先様への訂正を意図している記事ではございません。気付きがあればと思い取り上げています。
※ この記事は私の中国人パートナーでもわかるよう、できるだけ簡潔でわかりやすくまとめるよう意識しました。

 

わかりました

基本形の「わかりました」について掘り下げてみます。

 

「わかりました」の別の言い方としては、「了解しました」「了解いたしました」「承知しました」「承知いたしました」「かしこまりました」が上げられます。

 

それぞれ使い方に区別があります。

 

「了解しました」「了解いたしました」

「わかりました」の丁寧語が「了解しました」です。

 

丁寧語ですから、同僚や目下の人に対する言葉です。

 

「了解いたしました」は文法上は間違っていませんが、「了解しました」が目上の方に対する言葉ではないため、ビジネスの世界では"了解"という言葉自体がNGになっている傾向があります。

 

「承知しました」「承知いたしました」

「わかりました」の謙譲語が「承知しました」です。

 

謙譲語ですから、目上の方や取引先に対する言葉です。

 

「承知しました」をより丁寧に表現すると「承知いたしました」("いたす"が謙譲語)になります。

 

「かしこまりました」

「わかりました」の尊敬語が「かしこまりました」です。

 

尊敬語ですから、目上の方や取引先に対する言葉です。

 

「承知しました」と「かしこまりました」の違い

ビジネス上で、「承知しました」と「かしこまりました」を厳密に使い分けているシーンは少ないように思います。

 

どちらも目上の方や取引先に対する「わかりました」の敬語として使用できます。

 

敢えて、細かく分けるのであれば下記のようになります。

 

  • 「承知しました」・・・「理解しました。(上司や取引先からの)依頼や指示を引き受けます。」の意味合いが強い。
  • 「かしこまりました」・・・「理解しました。(上司からの)命令や指示に従う。」の意味合いが強い。

 

例文

了解しました(for 同僚や目下の方)
  • 原稿の〆切は17時までですね。了解しました!
  • 了解です!先方へ電話しておきます。

 

承知しました(for 目上の方や取引先)
  • 取引先:この商品を10点注文お願いできますか?
  • 自分:承知しました。在庫を確認でき次第、注文させて頂きます。

 

かしこまりました(for 目上の方や取引先)
  • 上司:Aさんにメール送っておいてくれる?
  • 部下:Aさんへメールですね。かしこまりました!
あなたは今の輸入代行に満足していますか?

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事