こんにちは!
じょにです^^

海外から発送した貨物(荷物)を日本で通関する際に、「日本国へ入国してokだよ」という証明として輸入許可通知書が発行されます。

 

人が入国する際に必要なパスポートの貨物版のようなものです。

 

輸入許可通知書には、「関税」以外に「消費税」と「地方消費税」の記載があります。

 

起業して2年目までは「消費税」が免除(平成25年からは起業1年まで免除、2年目は条件付きで免除)になりますが、3年目以降は「消費税」が徴収されます。

 

輸入許可通知書を税理士や会計士へ提出していない場合、「消費税」を支払っていない前提で会計処理が行われ、「消費税」を多く支払うことになります。

 

起業前でも起業間もない頃でも、輸入許可通知書は大切に保管しておくことをオススメします。

 

今回は、輸入許可通知書の見方について、実際の私の書類を使って要点に絞って解説いたします。

 

 

輸入許可通知書の入手方法

「輸入許可通知書をください!」と当社へ問い合わせをいただく時があります。

 

輸入許可通知書は、日本の税関が発行する書類です。

 

当社(中国での発送元)でも取り寄せることはできますが、運送会社を通じ通関代理業者(運送会社が兼ねている場合も多い)に頂く流れになり、だいたい当社到着までに3~4週間がかかります。

 

運送会社がUPSやFedExなどの米国系の場合は、貨物自体に輸入許可書が付いていたり、請求書と一緒に別途郵送されることが多いです。

 

もし輸入許可通知書が届かなかった場合は、運送会社に依頼するか、発送元の代行業者へ依頼してみてください。

 

ポイントNACCSへ登録しておくと、通関のタイミングとほぼ同時にwebから輸入許可通知書をダウンロードすることができます。

 

 

輸入許可通知書の見方

 

貿易実務に従事する場合は、より細かく理解する必要がありますが、個人輸入ビジネスであれば下記6項目を把握していれば十分です。

 

番号説明
輸入者(あなた)の名義や所在、電話番号の情報です。
発送元(代行業者など)の名義や所在、電話番号の情報です。
通関を代理で行う業者(SGHやDHLなどの運送会社)の名前と担当者の名前です。
貨物を載せた港と貨物を降ろした港です。
貨物の個数と重量です。
「関税」「国消費税」「地方消費税」です。関税率は、輸入する品目により異なります。消費税8%の内訳は、国消費税(6.3%)と地方消費税(1.7%)です。

 

 

通関区分について

輸出入者コードやJASTPROコードには、輸入者ごとに区分が設定されています。

 

区分とは、輸入者の信用や輸入する品目により異なり、1~3まで(厳密には7つ)あります。

 

上記画像の下に、「1」「2」「3X」「3R」「3K」「3M」の文字が入ります。

 

通関スピードは、「1:早い、2:普通、3:遅い」といった具合です。

 

区分コード説明
1簡易審査。同一商品の過去の輸入実績が豊富な場合、入港次第、自動で輸入許可になります。
2通常審査。税関による書類チェックがあります。場合により、区分3に回り場合もあります。
3X大型X線検査を行います。
3R貨物の保管場で現物を開封し確認します。(保管場が遠い場合、税関職員の移動やスケジュール調整もあり、時間を要することが多いです)
3K税関の検査場で現物を開封し確認します。
3M見本確認を行います。

 

 

まとめ

輸入許可通知書は、再発行することもできます。

 

運送会社により対応方法が異なりますが、ひとまず運送会社に電話をしますと対応してくれます。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事