こんにちは!
じょにです^^

OEM(オーイーエム)やODM(オーディーエム)。

 

英語三文字で言葉が似ていますので、どちらがどちらの意味か忘れることはありませんでしょうか。

 

今回は、そもそもOEM生産やODM生産とは何のことか、どのような違いがあるのか、販売する側の視点で解説いたします。

 

※「販売側の視点で」という部分が重要で、この前提を抑えておくことでOEM生産とODM生産の違いが明確になります。

 

OEM生産とODM生産の違い

OEM生産とODM生産は、生産工程での役割分担の違い(=工場へ委託する工程)によって呼び方が変わります。

 

表でまとめますと下記のようになります。"●"は工場へ委託する工程を意味します。

生産工程OEM生産ODM生産
企画-
仕様設計-
開発(サンプル作成)-
生産(製造)

 

既製品のサンプルを用いて生産(製造)のみを工場へ委託するのがOEMです。

 

一方、企画、仕様設計、開発(サンプル作成)、生産(製造)までの一連の生産工程を工場へ委託するのがODMです。

 

 

OEM生産とODM生産の具体例

OEM生産とODM生産の違いをより理解するために、下記に例をまとめました。

 

はじめに、OEM生産の例です。

生産工程カップラーメンiPhone
企画日清Apple
仕様設計日清Apple
開発(サンプル作成)日清Apple
生産(製造)工場(日清が委託している)鴻海(Appleが委託している工場)
販売セブンイレブンApple、DoComo、SoftBank、AU

 

例えば、セブンイレブンのプライベートブランドとして販売しているカップラーメンは、日清が企画~開発までを行っている製品をセブンイレブンが日清の許可を得て、同じ生産ラインでパッケージを変えて生産し、販売しています。

 

同様に、Appleが鴻海(工場)へ委託生産したiPhoneに、DoComoやSoftBank、AUが自社のロゴを入れて販売しています。

 

 

次に、ODM生産の例です。

生産工程アパレル用品VAIO Phone
企画ODM工場Quanta Computer(台湾のODM工場)
仕様設計ODM工場Quanta Computer(台湾のODM工場)
開発(サンプル作成)ODM工場Quanta Computer(台湾のODM工場)
生産(製造)ODM工場Quanta Computer(台湾のODM工場)
販売FOREVER 21SONY

 

例えば、米国アパレルチェーンのFOREVER 21は、すべての商品を自社で企画しているわけではなく、さまざまなODM工場と協力することで新商品の提案を貰います。そして、自社で販売したい商品を選定し、ODM工場へ生産依頼を行います。

 

同様に、SONYが販売して話題になったVAIO Phoneも然りです。VAIO Phoneの場合は、台湾のODM工場であるQuanta Computerが企画~開発まで行った製品をSONYが採用し、VAIO Phoneとして販売しています。

 

 

OEM生産とODM生産の販売する側のメリットでデメリット

販売する側として、OEM生産とODM生産を検討する際に、どのようなメリットとデメリットがあるのかまとめました。

OEMODM
メリット・他社の既製品をベースにすれば企画が不要・企画~開発の知識や設備が不要
デメリット・生産技術をOEM企業へ奪われる危険性がある
・二番煎じの場合、機能面・価格面が求められる
・販路と企画力が必要
・企画~開発が不要な分、製造コストはOEMより高くなる。
・二番煎じの企画でないかどうか要注意
・販路が必要

 

 

まとめ

OEM生産工場やODM生産工場は、精密機器やアパレル製品の場合、中国に多いです。

 

例では有名企業を取り上げましたが、個人輸入ビジネスでもOEM生産やODM生産は十分できます。

 

売れるものをリサーチすることも大事ですが、OEM/ODM生産で成功するポイントは、本当に売りたいという気持ちがあるかどうかではないかと思います。

 

OEMの場合、Amazonの他セラーのレビューをみて改良するのもよいのですが、このやり方ですと一時の転売のように参入者が増えますと、徐々にシュリンクしてきます。

 

ただ、OEM生産が初めての方にとって、Amazonでのプラットフォーム販売は成功しやすいことは確かです。

 

もしOEM生産でお悩みのことがございましたら、お気軽にメッセージをください。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事