こんにちは!
じょにです^^

3月も終わってしまいました。。

 

今年も第1クォーターが終わり、残りは9ヵ月しかないのですね。。

 

何なんでしょうね。この時が流れるスピードは・・・

 

 

さて、皆様は3月の実績はいかがでしたでしょうか。

 

確定申告の時期でもありますから、数値や資料の取りまとめに追われていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 

私自身は、税理士さんに作成頂いた決算書とにらめっこの時間が続きました。

 

補助科目の内訳をチェックしたり、仕分けが正しいかチェックしたり、、

 

自分自身が1年間がんばった結果ですし、税理士さんは当事者ではないですからね、毎月の月次報告書も確認していますが、決算書はさらに気合を入れて確認するようにしています。

 

社長が数字の背景や裏付けがわかっていないというのも何だかなと、私は思ってしまいますから、、^^;

 

 

で、決算の結果はといいますと、大赤字でした^^;

 

まぁ、赤字でも会社は潰れないですし、キャッシュは増えていましたので気にしていないですが^^

 

前期の結果を通じて、今期の課題も見えましたし、残り9ヵ月で修正していきたいと思います!

 

2019年3月振り返り

定量目標

  • 物販:96.3%(売上前年対比) ※目標前年対比100.0%:未達
  • 輸入代行:300.0%(新規ご利用者数) ※目標300.0%以上:達成!
  • アカスペからの絡み:0件(前年4件) ※目標0件:達成!

 

定性目標

  • 輸入代行のLP作成 → ×(資料収集中)
  • 無在庫リサーチツール開発(タオバオのデータ抽出)→ ×(タオバオの攻略厳しい、、)
  • OEM開発(2品)→ ×(未着手)
  • 過去に取り扱っていた商品の再精査および注文(2,700点精査)→ 〇
  • 既存商品ページのSEO確認と修正 → ×(30%終了)
  • 有在庫リサーチツールの開発(3/中完成予定)→ ×(開発中)
  • 転売・相乗り商品の新規注文開始(3/末)→ ×(ツール開発中)

 

総評

【物販】3月も前年割れ。割れ幅は縮小傾向。3月は外注さんやスタッフさんの業務を見直すために、自分自身が物販業務に携わる時間を増やした。これにより、見えていなかった課題が把握できた。前年対比100%を越えるまで、物販業務に携わる時間を設ける。PDCAを何度も回して業務改善を図る。

 

【輸入代行】①3拠点目が完成。5月より運用開始。②認知度が課題。③既存サービスの拡充も課題。

 

2019年4月目標

定量目標

  • 物販:100.0%(売上前年対比)
  • 中国輸入代行:300.0%(新規利用者数)
  • アカスペからの絡み:0件(前年3件)

 

定性目標

  • 輸入代行のLP作成
  • 輸入代行の新サービス準備
  • OEM企画(タイ5品、中国1品)
  • 有在庫リサーチツールの開発
  • 無在庫スキーム運用開始

 

編集後記

体調のせいにはしたくないのですが、毎年3月は体調不良が続きます。

 

原因は花粉です。

 

花粉症と診断されたことはないですし、診断も受けたことがないですので花粉症なのかはわかりませんが、自称花粉症です^^;

 

目がしょぱしょぱして軽い二日酔いの状態。

 

そんな状態が3月は続きます。

 

毎年です。。

 

そして4月も1週間が過ぎ、多少よくなってきた感はありますが相変わらず低調です。。

 

昨日、診察に行きましたところ、逆流性食道炎とのことでした。

 

毎年言われることですので驚きでもありませんが、体調が不良すぎて仕事も思うように進まないと奮起してお酒を飲みます。

 

晩酌で、ハイボール500MLを4~5本かワインを1~2本飲みます。

 

毎度飲みたいわけでもなく、惰性で飲んでいます。

 

 

本日は禁酒2日目。

 

お酒を止めるつもりはありませんが、飲まなくてもいい日は控えていきたいと思います。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事