在庫を増やすべきか減らすべきか

こんにちは!
じょにです。

期末在庫を増やすと利益が増えるロジックと、在庫についての考え方について解説いたします。

 

売上原価とは

売上原価とは、「売れた商品の仕入れた時の金額」です。

例えば、あなたがある商品を1,000円で販売したとします。その商品は700円で仕入れたとします。この場合、700円が売上原価になります。

 

では、上記と同じ商品が2個(AとB)店頭に並んでいて、そのうちのAが売れた場合の売上原価はいくらでしょうか?
正解は、700円です。

 

売上原価とは、「売れた商品の仕入れた時の金額」です。

今回はAが売れたので、Aの仕入れた時の金額が売上原価となります。

 

ちなみに、売れなかった方のBを「在庫(金額)」と呼びます。

 

では、1,000円で販売していて仕入れ金額が700円の商品Cと1,000円で販売していて仕入れ金額が500円の商品Dがあったとします。このうち、Dが売れたとします。売上原価はいくらでしょうか。または在庫はいくらでしょうか。
売上原価は500円です。在庫金額は700円です。

 

売上原価とは、「売れた商品の仕入れた時の金額」です。

今回はDが売れたので、Dの仕入れた時の金額が売上原価となります。そして、売れなかった方のCの仕入れ金額は700円なので在庫金額は700円となります。

 

売上原価の計算方法

上記では商品が2個しかない例でしたが、実際に在庫を持った商売を行っていますと商品点数は数十~数十万点に及ぶことになるでしょう。それらを1点1点調べるのはとても大変です。そこで、在庫金額を決まった時期に観測を行っていくことで売上原価を計算することができるようになります。

 

例えば、12月決算の企業は、期は2019年1月1日から始まり、2019年12月31日に終わります。

 

以下、3ステップで考えてください。

 

① 期首2019年1月1日:在庫金額が100万円ありました。

② 期中2019年1月1日~2019年12月31日:1,200万円仕入れました。

③ 期末2019年12月31日:在庫金額が700万円でした。

 

期首に100万円あり期中に1,200万円仕入れたので在庫金額は1,300万円と思いきや、期末の在庫金額が700万円ということはここで何かが起きているわけです。

 

何が起きているのか?
販売した分の仕入れ金額が減っているのですね!
商品がまったく売れなければ期末の在庫金額は1,300万円で正解です。しかし、期末の在庫金額は700万円でしたので、600万円(1,300万円-700万円)分の仕入れ金額がなくなった(=売れたこと)になります。

売上原価とは、「売れた商品の仕入れた時の金額」です。

 

つまり、600万円が売上原価となります。

 

売上原価の公式

公式には本質があります。前節の例を踏まえ、自分で公式を説明(証明)できるようになりましたら下記の公式をインプットしておくと便利です。

 

売上原価=期首在庫+期中仕入れ金額-期末在庫

 

売上総利益とは

売上総利益とは、売上から売上原価を引いたものです。一般的に利益やフローと呼ばれることがあります。

 

売上総利益=売上-売上原価

 

期末在庫が増えると利益がよくなる!?

期首在庫100万円、期中仕入れ金額1,200万円、期末在庫700万円の場合の売上原価は600万円です。・・・①

 

では、期末在庫が800万円の場合の売上原価はいくらでしょうか?
500万円です。(100万円+1,200万円-800万円)・・・②
売上が1,000万円だった場合の①の売上総利益は400万円です。
では、売上が同じく1,000万円だった場合の②の売上総利益はいくらでしょうか?
500万円です。(1,000万円-500万円)
在庫金額が700万円の場合より800万円の方が売上総利益が増えましたね!そうです。期末在庫が増えると利益がよくなるのです。しかも、在庫が増えた分がそのまま利益になります^^!

適正在庫の考え方

期末在庫が増えれば利益が大きなることがわかりました。では、在庫が増え続ければどのようなことが起きてくるでしょうか?

 

有在庫のビジネスモデルでは、「現金→在庫→現金→在庫→現金→・・・」を繰り返しです。在庫が売れることで現金になり、売れた時に利益(損失)が生じています。

 

では、在庫金額を増やすにはどうすればよいでしょうか?
現金を在庫に変える。
現金がある限り現金を在庫に変えることはできます。次のステップとして、在庫を現金に変える必要がある訳ですが、実はこのコントロールをしっかり行う必要があります。在庫を現金化できないと、滞留在庫や不良在庫となります。滞留在庫や不良在庫が増えるとだんだん資金が回らなくなってきます。売れない商品は損になってもよいので、現金化することが望ましいです。
適正在庫の考え方は業種や商売の考え方によっても異なりますが、例えば1ヵ月分の在庫を持つなどご自身で基準を設けた上で、不良在庫は定期的にリスト化し値引きするなどして早期現金化を行う。といった意識付けと定型業務化が大切です。

粉飾決算の話

上記のロジックを利用した悪い例が粉飾決算です。

 

期末在庫を増やせば利益が増えたように見えるわけです。他にも、架空の売上を計上したり、経費を翌期に繰り越したりすることで、「一時的に」利益が増えたように見せることができます。

 

最近ですと、東芝の粉飾決算がありました。「一時的に」を強調させて頂きましたが、会計を何期か続けているとどこかで実在庫金額が理論在庫金額と大幅に合わなくなったり、経費の繰り越し金額が大きくなりすぎた結果、あり得ない金額の架空の売上を積まざるを得なくなったりすることで、数年後には明るみになってきます。

 

社会的信用が無くなりますし、信用貯蓄が0に戻るまでにも相当の企業努力が必要になりますから、絶対に手を染めないようにしましょう。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事