Amazon アカウントのユーザー権限を付与する方法

こんにちは!
じょにです^^

ネットビジネスを始めた頃ですと、大抵の場合、一人でさまざまな業務を行うことになるのではないでしょうか。

 

例えば、商品の納品や在庫管理、価格改定、発送手配、お客様対応。。

 

しかし、売上が上がるにつれ、だんだん自分一人では賄いきれなくなってきます。

 

そういう時に、Amazonのユーザー権限を、例えば、外注さんや従業員に付与することで、仕事をより効率的に進めることができます。

 

本日は、アマゾンでのユーザー権限の付与方法について解説いたします。

 

 

 当代行では、FBA直送でご利用お客様の場合、ユーザー権限を付与頂くことで、バーコードや納品ラベルのやり取りをすることなく納品プランを無料で作成させて頂くサービスをご提供しております。お客様に「手間がとても減りました」とご好評をいただいております。

 

Amazonでユーザー権限を付与する方法

1. ユーザー権限用(ログイン用)の新規メアドを作成する(付与する側、される側、どちらでもok)

ユーザー権限アカウントでログインするためのID(=メアド)を用意する

 

 当社サービスをご利用の場合は、当社よりメアドをお送りいたします。

 

2.  ユーザー権限を押下(付与する側)

セラーセントラルのトップ画面より、設定にカーソルをあて、[ユーザー権限]を押下。

 

3. 氏名とメールアドレスを入力し、招待する(付与する側)

氏名:自身でわかれば何でもよい。
メールアドレス:1. で取得したアドレスを入力。

 

[招待]ボタンを押下。

 

4. 上記3. のメールアドレスに届いたメールに従って設定(付与される側)

  • 入力したメールアドレスにアマゾンからメールが届く。

  • メールの中のURLを押下。

  • URL先の指示に従い、メールアドレスやパスワードを設定。

  • 二段階認証が求められます。

 

 二段階認証には、右記2つの方法があります。①SNSが使えるスマホや携帯電話の番号の登録。②スマホで「Authenticator」で検索しアプリをダウンロード後、上記で設定したメアドを「Authenticator」に登録。

 

5. 現在のユーザーとして新たに追加されます(付与する側)

  • 再度、セラーセントラルの[設定]→[ユーザー権限]から入る。

  • [現在のユーザー]に、付与した方の名前が入っていれば権限付与が完了しています。

 

 

 表示されていない場合は、[F5]を押下してみるか、付与された側の二段階認証の手続きができているか確認してください。

 

6. 付与したい権限を選択する

  • 5. の画面で[アクセス権限の管理]を押下。

  • [権限を付与したい項目にチェックを入れる。

 

 当代行へ本サービスを依頼したい場合は、「在庫」の中の、[FBA在庫/納品管理][商品情報の登録][在庫の管理/商品の追加]の3か所の「表示と編集」にチェックを入れてください。

 

まとめ

今回は、Amazonを例に解説いたしましたが、ヤフーショッピンや楽天市場、Wowma!などのモールでは、名前は違えどユーザー権限を付与する機能がございます。

 

自身の仕事の幅を広げたり、時間を有効に活用するために、ユーザー権限を付与する(=仕事を任せる)ことオススメいたします。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事