Wowma! アカウントが閉鎖になる原因はほぼ1つ!?

こんにちは!
じょにです^^

私の回りだけのお話しですが、Wowma!のアカウントが飛んでいる方が増えているように感じます。

 

しかも全員が全員、バーバリーのチェック柄を取り扱ったことによる知的財産権(商標権)の侵害が原因での閉鎖です。

 

今回は具体的にどのようなものがアウトなのか解説いたします。

 

突如としてWowma!から届くバーバリーメール

当社の輸入代行をご利用頂いているMさんより頂いたメールを引用いたします。(Mさん、いつもありがとうございます^^!)

 

このたび「一般社団法人******」殿より、貴殿の出品に関する通知書を受領いたしました。
当該書面には、「一般社団法人******」殿が、
「バーバリー」本社より日本国内での当該社が有する知的財産権の保護活動を授権されている
「******」の担当者より貴殿が弊社運営サイト上で出品されている商品について、
「******」が権利を有する商標(商標登録第2111551号)の類似範囲に該当するもの
との通知を電子書簡にて受けた旨、記載されております。

上記を受け、Wowma!出店店舗規約第9条(出品)及び第17条(会員規約の違反等について)に基づき、
貴殿の会員資格の取消を行います。
会員資格取消にあたっての留意事項として、以下ご確認ください。

[商品削除と受注制限]**年**月**日
弊社にて、貴殿の出品する全ての商品を削除し、受注を制限いたします。
それに伴って、貴殿による出品、購入者による新規の商品購入が行えなくなります。

[受注制限までの注文分の対応]**年**月**日まで
同日までマイページ(Wow! manager)へのログインが可能です。受注制限がかかるまでの
注文につきましては、同日までに完了いただくようお願いいたします。

[会員資格取消]**年**月**日以降
貴殿の会員資格を完全に取消し、マイページ(Wow! manager)の閲覧機能、
弊社サイト機能を全て停止いたします。

また、弊社で会員資格の取消を行ったお客様に関しては、弊社サイト上の他登録で
主体が同じであると判断されるものについても、
確認次第、即時に会員資格の取消を行わせていただいております。ご了承ください。

なお、今後発生する**年**月、同年**月発行請求分の債権額についても、
**年**月発行請求分は、同年**月**日までに、
同年**月発行請求分は、同年**月**日までにご入金ください。
宜しくお願いいたします。

 

ポイントはアカウント再開の余地が全くないことです。

 

Wowma!だからという話でなく、ハイブランドメーカーより知財に関する通報があった場合、どのモールも99.99%の確率でそのアカウントを閉鎖にします。(モールもリスクを負いたくないですから当然の措置だと思います)

 

特にWowma!に関しては、アパレル系が強いモールということもあり、バーバリーを始めグッチやエルメス、ルイ・ヴィトン、プラダなどのロゴやデザイン、模様が似た商品はメーカーの日本法人より通報が入りやすいです。

 

中国輸入でタオバオやアリババで販売されている商品は、バーバリーの柄に似ている商品がたくさんあります。

 

バーバリー柄の確認作業は、リサーチの際のチェックポイントとして必ず入れるようにすることをオススメいたします。(Mさんはちょっとした気の緩みで閉鎖になってしまったとのことです。。ちなみに、当社から商品は発送はしておりません。登録しただけで閉鎖のパターンです。。)

 

商標登録第2111551号とは?

さて、Wowma!からのメールに記載のある[商標登録第2111551号]についてもう少し詳しくみていきましょう。

 

商標登録番号の調べ方は下記をご参照ください。

 

 

商標登録第2111551号は、下記内容で登録されていることが確認できます。

(111)登録番号 第2111551号
(151)登録日 平成1年(1989)2月21日
(210)出願番号 商願昭61-13033
(220)出願日 昭和61年(1986)2月14日
先願権発生日 昭和61年(1986)2月14日
(180)存続期間満了日 平成41年(2029)2月21日
最終処分日
最終処分種別
出願種別
商標(検索用)
(541)標準文字商標
(561)称呼(参考情報)
(531)図形等分類 9.1.11; 9.1.18.1; 9.1.22; 25.7.1; 25.7.3; 26.4.2; 26.11.3; 26.11.7; 26.11.8; 29.1.1.2; 29.1.6.2; 29.1.6.4; 29.1.7.2; 29.1.8.2; 29.1.11; 29.1.15
(732)権利者
氏名又は名称 バ-バリ- リミテッド
法区分 平成18年法
国際分類版表示 第9版
(500)区分数 2
(511)(512)【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】 【類似群コード】
24 布製身の回り品,敷布,布団カバー,まくらカバー,毛布
17B01 17C01
25 洋服,コート,セーター類,寝巻き類,下着,水泳着,靴下,毛皮製ストール,ショール,スカーフ,手袋,ネクタイ,ネッカチーフ,バンダナ,マフラー,耳覆い,ずきん,帽子
17A01 17A02 17A04 17A07

J-PlatPat

 

 

図形商標として登録されていることがわかります。

 

実際に検索してみますと、バーバリーのあの有名な柄のデザインが掲載されていました。(画像を載せることもできるのですが、それで本サイトが閉鎖になるのはお断りですので画像は割愛いたします^^;)

 

絶対にバーバリーのあの有名な柄の商品は取り扱わないようにしましょう!

 

Wowma!出店店舗規約第9条(出品)及び第17条(会員規約の違反等について)

次に、メールで触れられているWowma!の出店店舗規約も確認しておきましょう。

 

先にまとめますと、バーバリーの場合は、

 

「第9条の3項iに記載の知的財産権を侵害する行為を禁止しており、第17条の1項のaにて本規約に違反した場合は契約が解除できる。」

 

といった理解になるかと思います。

 

第9条

 

第9 条 出品
1. 会員は、当社所定の方式により出品を行うものとします。
2. 会員は、出品料及び出品オプション料として当社の定める金額を当社の定める方法により支払うものとします。なお、出品を取り消した場合も、出品料及び出品オプション料の支払義務は、消滅しません。
3. 当社は、会員に対して、以下の商品等の出品を禁止します。
a. 覚せい剤、麻薬、向精神薬、大麻、あへん、毒物、劇物
b. 銃砲、刀剣類、武器、火薬類、化学兵器、毒性物質、サリンその他殺傷能力のあるもの
c. わいせつ物、ポルノ、児童ポルノ、アダルトグッズ、ヌード写真、アダルトビデオ、アダルトゲーム、ブルセラ
d. 売春、児童売春
e. 賭博、富くじ
f. 無限連鎖講、マルチ商法
g. 有価証券、公正証書(免許証、旅券などを含む。)、偽造された通貨、偽造された文書、偽造された電磁的記録
h. 窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領、背任その他の犯罪により入手した商品等
i. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権その他の他人の権利を侵害する商品等(例偽ブランド商品、違法コピー商品などを含む。)
j. コンピューターウィルスを含むソフトウェア
k. 法令により通信販売が禁止されている医薬品
l. 人体及び人体の一部
m. 個人情報、営業秘密その他一般に公開されていない情報
n. 無形のサービス(但し、当社が特に認める場合を除く)
o. 商品等の販売・提供に免許、登録、届出等が必要なもの(但し、当社に免許、登録、届出等の写しを提出した場合は、この限りではありません。)
p. 犯罪その他の法令違反行為
q. 生体
r. 特定の団体への寄付となるもの(但し、当社が特に認める場合を除く)
s. 映画倫理管理委員会において「R-18」「R-15」に指定されているもの
t. 日本ビデオ倫理協会において「成人指定」「R指定」に指定されているもの
u. 映像倫理協議会において「成人指定」「R指定」に指定されているもの
v. コンピュータソフトウェア倫理機構において「18歳未満者販売禁止」「15歳未満者販売禁止」に指定されているもの
w. 取引することが法令に違反する商品等
x. その他当社が不適当と判断した商品等
4. 会員は、出品した商品等の内容及び販売・提供条件について、文字及び画像により具体的かつ適切な説明を行うものとします。
5. 会員は、出品した商品等についての説明が真実であることを保証するものとします。
6. 会員は、出品に際して、特定商取引に関する法律、不当景品類 及び不当表示防止法、その他の法令の規定を遵守した表示を行うものとします。
7. 会員は、古物商である場合、出品に際して、古物営業法の規定を遵守するものとします。
8. 会員が本規約に違反した出品を行った場合、会員が真に出品する意思のない出品を行ったと当社が判断した場合、会員が第17条第1項各号に該当した場合、その他当社が不適当と認める場合には、当社は、出品を無効とすることができるものとします。
9.会員は、当社で定める出品カテゴリから商品等の出品を行うものとします。出品された商品等の出品カテゴリに誤りがある場合、又は出品された商品等の出品カテゴリが不適当と当社が認める場合には、当社は、事前に会員に通知することなく、当該出品の出品カテゴリを修正することができるものとします。

Wowma!会員規約

 

第17条

 

第17 条 会員規約の違反等について
1. 会員が以下の各号に該当した場合、当社は、当社の定める期間本サービスの一部若しくは全部の利用を認めないこと、会員の会員資格を取り消すこと、又は、本規約及びこれに付随する契約を解除することができるものとします。
a. 本規約及びこれに付随する契約に違反した場合
b. 入会申込の際の登録情報及び会員となった後の登録情報変更において、その内容に虚偽や不正があった場合
c. 会員に対するフィードバックが当社の定める基準に達しない場合
d. 真に出品する意思のない出品を行ったと当社が判断した場合
e. 他の会員に不当に迷惑をかけたと当社が判断した場合
f. 会員、その役員又は従業員が暴力団等に現在関与し、あるいは過去に関与していたと当社が判断した場合
g. 会員の営業又は業態が公序良俗に反すると当社が判断した場合
h. 当社が会員と連絡がとれなくなった場合
i. 法令に基づく営業停止若しくは営業禁止の命令を受け、又は許認可等が取り消された場合
j. 差押、仮差押若しくは仮処分の命令、通知が発送され、又は競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受けた場合
k. 支払の停止又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始若しくは特別清算開始の申立があった場合
l. 財産状態が著しく悪化し、又はそのおそれがあると認められる事由がある場合
m. 出品された商品等の出品カテゴリに誤りある場合、又は出品された商品等の出品カテゴリが不適当と当社が認める場合
n. 購入者から商品等の不着・不提供・到着遅延、商品等の瑕疵、又は返金等に関する問合せ・クレームがあった場合
o. 入会金、システム利用料、出品料、出品オプション料、成約手数料、その他当社が定める料金を滞納した場合
p. その他、会員として不適切であると当社が判断した場合
2. 会員は、前項各号のいずれかに該当した場合、当社に対するすべての債務につき期限の利益を失い、直ちに当該債務全部を弁済しなければならないものとします。
3. 当社の措置により会員に損害が生じても、当社は、一切損害を賠償しません。

Wowma!会員規約

 

「d. 真に出品する意思のない出品を行ったと当社が判断した場合」や「n. 購入者から商品等の不着・不提供・到着遅延、商品等の瑕疵、又は返金等に関する問合せ・クレームがあった場合」は直接的ではないものの、無在庫販売を敬遠しているようにも解釈できます。

 

無在庫販売を行っている方は、商品登録前に在庫がメーカーや問屋に、中国であればタオバオやアリババ、メーカーにあるのか確認された上で行うことをオススメいたします。

あなたは今の輸入代行に満足していますか?


検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事